English

Sapporo Conference for Palliative and Supportive Care in Cancer 2014 がん緩和ケアに関する国際会議 2014.7.11 fri - 12 sat 主催/医療法人 東札幌病院

  • ごあいさつ
  • 理事会
    • 理事会
    • シニア・アドバイザリー・コミッティ
    • 名誉顧問(Honorary Advisor)
  • Sapporo Conference2017
    • 大会長・副大会長からのご挨拶
    • 開催概要
    • 日程表・プログラム
    • 座長・演者・司会の皆様へ
    • 参加者の皆様へ
    • 一般演題募集要項
    • 会場アクセス
    • 宿泊案内
  • アーカイブ
    • 2014
    • 2017
  • お問い合わせ
  • リンク


日程表・プログラム

【第1日目】 2022年7月21日(木)

  • 7:55-8:00

    オープニングセレモニー
    大会長: 照井 健 (東札幌病院)

  • 8:00-12:00

    シンポジウム1
    オピオイドとがんの痛み:進化するその科学と実践

    座長:Russell Portenoy (MJHS Hospice and Palliative Care, USA)
    副座長:山蔭 道明(札幌医科大学)
    副座長:下山 直人(千葉大学)

    • 8:00-8:10

      序論
      Russell Portenoy (MJHS Hospice and Palliative Care, USA)

    • 8:10-8:40

      オピオイド受容体:構造と機能、そしてその可塑性
      Christoph Stein (Charité-Universitätsmedizin Berlin, Germany)

    • 8:40-9:10

      遺伝子多様性(変化性)とオピオイドの損益との調和について
      Pål Klepstad (Norwegian University of Science and Technology, Norway)

    • 9:10-9:40

      がん疼痛管理のシステムの変革に向けて - 病態全体から痛みを考える
      Marie Fallon (University of Edinburgh, UK)

    • 10:00-10:30

      科学的なオピオイド臨床応用の3事例:
      オピオイド・ローテーション、突出痛への対応、メサドンの役割

      Eduardo Bruera (University of Texas MD Anderson Cancer Center, USA)

    • 10:30-11:00

      基調講演
      “臨床における調和” 最善の臨床を通して、利益を最大に損益を最小に

      Russell Portenoy (MJHS Hospice and Palliative Care, USA)

    • 11:00-12:00

      パネルディスカッション / 質疑応答

  • 12:00-13:00

    ランチョンセミナー1
    オンコロジーと緩和ケアの統合、その歴史と未来への方向性

    Stein Kaasa (European Palliative Care Research Center (PRC), Oslo University Hospital and University of Oslo, Norway)
    座長: 照井 健 (東札幌病院)

  • 13:00-17:00

    プレナリーセッション1
    臨床腫瘍学と緩和ケアの統合 - 最近の動向

  • 17:00-18:00

    イブニングセミナー1
    緩和ケアの将来に不可欠な要素 - パリアティブ・ナーシング

    Philip Larkin (Lausanne University Hospital, Switzerland)
    座長: 大串 祐美子 (東札幌病院)

  • 13:00-17:00

    ワークショップ
    進行がん患者の人生の意味に焦点を当てた精神療法 *別会場にて開催

    Chair: William Breitbart (Memorial Sloan Kettering Cancer Center, USA)
    ファシリテーター: 藤澤 大介 (慶應義塾大学)
    ファシリテーター: 中村 健児 (東札幌病院)
    ファシリテーター: 石田 真弓 (埼玉医科大学国際医療センター)

【第2日目】 2022年7月21日(木)

  • 8:00-12:00

    シンポジウム2
    なぜ緩和ケアにスピリチュアル・ケアを組み込むことが必要なのか

    座長:Christina Puchalski (George Washington University, USA)
    副座長:Betty Ferrell (City of Hope Comprehensive Cancer Center, USA)
    副座長:渡邊 知映(昭和大学)

    • 8:00-8:40

      基調講演
      専門職連携のスピリチュアルケアにおける教育及び臨床モデル: 緩和ケアの不可欠な要素

      Christina Puchalski (George Washington University, USA)

    • 8:40-9:20

      緩和ケアにおける不可欠要素としてスピリチュアルケアの統合を支援する
      Betty Ferrell (City of Hope Comprehensive Cancer Center, USA)

    • 9:20-10:00

      スピリチュアリティと緩和ケア:最新エビデンスと今後の優先課題とは?
      Karen Steinhauser (Duke University School of Medicine and the Durham Veterans Affairs Medical Center, USA)

    • 10:00-10:40

      スピリチュアル・ケア専門家から視た緩和ケア
      Anne Vandenhoeck (Katholieke Universiteit Leuven, Belgium)

    • 10:40-11:20

      実存的ないしスピリチュアルな苦痛を持ちながら、進行性や終末期の病いとともに生きる患者に対して、スピリチュアルで思いやりのあるケアを取り入れる
      Marvin Omar Delgado Guay (University of Texas MD Anderson Cancer Center, USA)

    • 11:20-12:00

      パネルディスカッション / 質疑応答

  • 12:00-13:00

    ランチョンセミナー2
    医学、そして生と死における緩和ケア:その実存的意義

    Sheldon Solomon (Skidmore College, USA)
    座長: 三宅 智 (東京医科歯科大学大学院)

  • 13:00-17:00

    プレナリーセッション2
    緩和ケアの臨床における実存的苦痛の要因とその影響

  • 17:00-18:00

    イブニングセミナー2
    グローバルな緩和ケアの発展に向けて:国際的な政策過程を介したケア・サービスと必須薬剤の利用促進についての提言

    Joseph Clark (Wolfson Palliative Care Research Centre, University of Hull, UK)
    座長: 日下部 俊朗 (東札幌病院)

【第3日目】 2022年7月21日(木)

  • 7:00-7:05

    オープニングセレモニー
    大会長: 三宅 智 (東京医科歯科大学大学院)

  • 7:05-12:00

    プレナリーセッション3
    情報と伝達の技術が導入される緩和ケア(Technology-enabled palliative care)の現状と将来

    座長: David Hui (University of Texas MD Anderson Cancer Center, USA)

    • 7:05-7:10

      序論
      David Hui
      (University of Texas MD Anderson Cancer Center, USA)

    • 7:10-8:05

      第四次産業革命とヘルスケア、特にCOVID-19パンデミック後のメディカルデジタルトランスフォーメーション
      池野 文昭 (Stanford University, USA)

    • 8:05-9:00

      ヘルスケアプラットフォームにおけるインテリジェンスの強化 - マイクロソフトの見解(仮)
      榊原 彰 (マイクロソフト ディベロップメント株式会社)

    • 9:00-10:00

      遠隔医療、人工知能、デジタル治療など、これらはゲーム“ライズオブザロボット”か、それとも“心のこもったケアの未来”か?
      Mihir M. Kamdar (Massachusetts General Hospital, USA)

    • 10:00-11:00

      COVIDパンデミックにおける電子患者報告アウトカム測定の実施と遠隔医療
      Augusto Caraceni (Fondazione IRCCS National Cancer Institute, Chair of EAPC Research Network, Italy)

    • 11:00-12:00

      Technology-enabled palliative careの倫理的側面
      Ralf J. Jox (Lausanne University Hospital, Switzerland)

  • 12:00-13:00

    ランチョンセミナー3
    新しいサポーティブ・オンコロジー分野の開拓

    Declan Walsh (Levine Cancer Institute, Editor-in-chief of BMJ Supportive and Palliative Care, USA)
    座長: 西山 正彦 (東札幌病院)

  • 13:00-17:00

    シンポジウム3
    安楽死・医師による自殺幇助と緩和ケア、その本質的な議論に臨む

    座長: Harvey Max Chochinov (University of Manitoba, Canada)
    副座長: Friedrich Stiefel (Lausanne University Hospital, Switzerland)

  • 17:00-17:05

    クロージングセレモニー
    次大会長: 小船 雅義 (札幌医科大学)

TOP