English

Sapporo Conference for Palliative and Supportive Care in Cancer がん緩和ケアに関する国際会議 主催/医療法人 東札幌病院

  • ごあいさつ
  • 組織委員会
    • 組織委員会
    • シニア・アドバイザリー・コミッティ
    • 名誉顧問(Honorary Advisor)
  • Sapporo Conference2017
    • 大会長・副大会長からのご挨拶
    • 開催概要
    • 日程表・プログラム
    • 座長・演者・司会の皆様へ
    • 参加者の皆様へ
    • 企業の皆様へ
    • 会場アクセス
    • 宿泊案内
  • アーカイブ
    • 2014
  • お問い合わせ
  • リンク


理事会

理事会役員

理事長 石谷 邦彦 東札幌病院
副理事長 照井  健 東札幌病院
大西 秀樹 埼玉医科大学国際医療センター
理事 石田 真弓 埼玉医科大学国際医療センター
河西 千秋 札幌医科大学
小船 雅義 札幌医科大学
佐治 重衡 福島県立医科大学
清水  研 国立がん研究センター中央病院
下山 直人 東京慈恵会医科大学附属病院
高橋 孝郎 埼玉医科大学国際医療センター 
辻  晃仁 香川大学
中川 俊一 Columbia University Medical Center
西里 卓次 札幌清田病院
濱口 恵子 がん研有明病院
平山 泰生 東札幌病院
町野 孝幸 東札幌病院
三宅  智 東京医科歯科大学大学院
山蔭 道明 札幌医科大学
渡邊 知映 上智大学
監事 並木昭義 小樽市立病院
加藤淳二 札幌医科大学
顧問 Augusto Caraceni (Norwegiany University of Science and Technology)
Christina M. Puchalski (George Washington Institute)
Cynthia Ruth GOH-FUNG (National Cancer Centre Singapore)
David Currow (Flinders University)
Dean Schuyler (Ralph H. Johnson V.A. Hospital)
Frank J. Brescia (Hollings Cancer Center)
Friedrich Stiefel (Lausanne University Hospital)
Gavril W. Pasternak (MSKCC)
Hans G. Kress (AKH Vienna)
Joann N. Bodurtha (Johns Hopkins University School of Medicine)
Luc Deliens (Institute of VU University Medical Centre)
Mellar P. Davis (Cleveland Clinic)
R. Sean Morrison (Icahn School of Medicine at Mount Sinai)
Russell K. Portenoy (MJHS Hospice and Palliative Care)
Stein Kaasa (NTNU)
Thomas J. Smith (Johns Hopkins Medical Institutions)
William Breitbart (Weill Medical College of Cornell University)
内富庸介 国立研究開発法人国立がん研究センター
佐藤昇志 医療法人東札幌病院
樽見葉子 University of Alberta

会則

第1章総則

  • 第1条 本会は、がん緩和ケアに関する国際会議と称する。また英文名を SapporoConference for Palliative and Supportive Care in Cancer と称し、略称を SCPSCとする。
  • 第2条本会の運営および企画は理事会の決定に基づき事務局により執り行うものとする。
  • 第3条本会は、主たる事務局を医療法人東札幌病院(北海道札幌市白石区)に置く。

第2章目的および事業

  • 第4条本会は、Global ConferenceとしてPalliative OncologyとPsycho-oncologyを基盤とし、主にそれらの研究面を発展させ、(日本、アジアの)がん医療に貢献することを目的とする。またその研究領域はAmerican Society of Clinical Oncology (ASCO) 分科会のPalliative Care in Oncology Symposiumの掲げる主題群に準じる。
  • 第5条本会は、前条の目的を達成するために以下の事業を行う。
    1. 国際会議の開催
    2. その他本会の目的に沿った事業

第3章会員

  • 第6条本会の会員は、第2章に示す目的に賛同する者によって構成される。

第4章役員

  • 第7条本会を運営するため、理事会を設置し、役員として理事長、副理事長、理事、監事、顧問を置く。
  • 第8条定例の理事会は年1回開催とする。その他 Conference の準備状況に応じ開催する。

第5章国際会議

  • 第9条本会は、原則的に 3 年に1度の国際会議を開催する。
  • 第10条 国際会議の大会長、副大会長は理事会で選出し、大会長、副大会長のもとでプログラム委員会を組織し、会議のプログラムを企画する。
  • 第11条 事務局の東札幌病院内に実行委員会を組織し、理事会、プログラム委員会の意向、指示のもと会議運営にあたる。

第6章会費

  • 第12条会費は、参加費として医師 3 万円、医師以外 1 万 5 千円を国際会議開催時に徴収する。なお、会費の変更を行う場合は理事会にて審議を行う。
  • 第13条本会の会計年度は毎年 4 月 1 日にはじまり翌年 3 月 31 日に終わる。
  • 第14条 会費は、事務局で管理し、外国人講師の招聘費用やその他本会の目的に沿った事業に充てる。
  • 第15条 本会の収支決算については、監事の監査を経て次年度の理事会において事務局が報告を行う。

第7章共催

  • 第16条 本会は、理事会の承認により国際会議の開催、およびその他本会の目的に沿った事業に対する共催者を設定することができる。

第8章付則

  • 第17条 1.本会則の改廃は、理事会の決議に基づく。
    2.役員の任期については改めて時期を鑑み理事会で討議する。
    3.本会則は、平成 29 年 6 月 15 日より施行する。

TOP